NARUTO-ナルト-疾風検定 カカシ篇
問1
ナルトの父であり、四代目の火影だった波風ミナトですら会得できなかった風遁・螺旋手裏剣。だが四代目火影を超えるのはナルトしかいない、というカカシの思いに応え、見事にナルトは風遁・螺旋手裏剣を習得するためのヒントを得た。そんなナルトを見て嬉しくなったカカシがナルトに言った言葉は?
答え:
正解はB。四代目火影・ミナトですら会得できなかった螺旋手裏剣。それをナルトならではの方法で習得する姿を見てカカシは感極まったのか、突然この言葉を言った。しかしナルトからは「キモい事言うなってばよ!」「近寄るなー!!」と拒絶された。

問2
風遁・螺旋手裏剣を完成させたナルトの活躍もあり、“暁”の角都を倒したチョウジたち第十班。「お前らのようなガキ共に…」と息も絶え絶えに言う角都に、カカシは「新しい世代が追い抜いていくのさ」と言って止めを刺すのだが、では、倒された時の角都の年齢は?
答え:
正解はD。他人の心臓を取り込むことによって長い時を生きてきた角都の年齢は、なんと91歳。初代火影とも戦ったことがありその戦闘経験はどの忍をも凌駕しているが、新たな世代のナルトによって倒された。

問3
2/27の放送からの問題。禁術の研究を続けていた大蛇丸は、ついに研究所の場所を突き止められ窮地に追い込まれる。木ノ葉の忍に囲まれながらもなんとか逃げる事に成功するのだが、深手を負わされてしまう。では、このとき大蛇丸に深手を負わせたのは誰?
答え:
正解はBのヒルゼン。研究所で大蛇丸を追いつめたヒルゼンであったが、かつての教え子を殺すことができず、大蛇丸を見逃してしまう。しかし、ヒルゼンが蛇に仕掛けた罠により、大蛇丸は深手を負い窮地に立たされた。

問4
カカシが口寄せの術で呼び出す忍犬。その忍犬のリーダーは?
答え:
正解はCのパックン。ことあるごとに口寄せされ、木ノ葉崩し、サスケ奪還任務、飛段・角都戦、などなど、追跡で大活躍した忍犬。見た目とは裏腹に大人びた喋り方をする。ちなみにAはビスケ。Bはシバ。Dはウーヘイだ。